体臭の対策ができる成分|雑菌の繁殖などに対処する

 

体臭にお悩みの方は数知れません。

 

 

しかし、黙っていても治るものではないので、どうすれば効率的に対処できるのかについてお話しします。

 

 

実は対処するためにおすすめできる成分がいくつかあります。

 

 

 

その成分を知っておけば、石鹸やデオドラントスプレー選びにも役立つと思うので、こちらで詳しく解説させてもらいますね。

 

 

 

■雑菌の繁殖を抑える成分とは?

 

 

臭いのもとは、汗や皮脂が雑菌によって分解されて分解臭・酸化臭が出ることにあります。雑菌の繁殖を抑えれば対策できるわけです。

 

それでは、雑菌の繁殖を抑える著される注目成分を紹介します。

 

・トリクロサン
・トリクロカルバン
・クレゾール
・塩化ベンザルコニウム
・イソプロピルメチルフェノールなどなど

 

 

ここに紹介した以外の成分にも雑菌の繁殖を抑えるとされる成分はいくつかあります。これらの中でも、特に注目してほしい成分が“トリクロサン”です。

 

 

デオドランとスプレーに良く配合されているので知っている方も多いかもしれません。

 

 

主な効果としては、“抗菌作用”があります。菌の発生を抑えるタイプの役割を果たしてくれるのです。

 

 

また、殺菌作用もあるとされ、一定程度の菌の発生を抑えてくれます。菌を殺してくれれば、においの発生を心配することもありませんよね。

 

 

■汗を抑える成分とは?

 

菌を抑えるだけでなく、雑菌の繁殖を指せない方法として、汗の量を減らす方法があります。

 

 

しかも、汗の発生を抑えるとされる成分もあるので紹介します。

 

 

・ミョウバン

 

こちらの成分には、制汗作用があるとされます。ボディソープなどに含まれることもあり、

 

 

わきの下などを念入りにミョウバンのエキスが入ったソープで洗うと、汗の発生が抑えられるとのことです。

 

 

汗が出なくなれば、菌の繁殖もなくなります。また、においのもとになる汗は、わきの下や性器周辺のみとなりますので、

 

 

それらのところだけ、ミョウバン入りのボディソープなどで洗うのもおすすめの対策でしょう。

 

 

■香料は体臭の対策ができるのか?

 

 

・においを打ち消すことはできない

 

 

スプレーやせっけん委は香料が使われていることもありますが、それらには体臭を抑えるほどの効果を期待できません。

 

 

単に臭いを付けることによって、わきの下などのにおいを消そうとするものです。

 

 

香りを付けたとしても、わきの下から臭いが出ていることには変わりありません。

 

 

洗った直後や、スプレーした直後はいい匂いになったと感じますがすぐにまた体臭がしてしまうので、香料は体臭対策になるとは言えません。