加齢臭と体臭、汗の臭いの違いを調べてみた!

体臭に悩んでいる方の多くが勘違いをしています!

 

 

 

・加齢臭
・体臭
・汗の臭い

 

これらがすべて同じものであると思っていませんか?実は全く異なるものなのです。

 

 

では、それぞれの臭いはどのように異なっているのでしょうか。臭いで悩んでいる方は、

 

 

 

自身の臭いはどれに分類されるのかを考えながら確認してくださいね。

 

 

 

加齢臭の原因は、基本的には皮脂です。しかし、皮脂だけでは臭うわけではありません。

 

 

実は皮脂が参加することによって、その“ノネナール”といった物質が生まれてしまうのです。

 

 

加齢臭は40代前後になると急に臭い出してしまうので、40代前後になったらノネナール対策をしなければいけません。

 

 

ちなみにノネナールに関しては、女性も同じく発生します。女性の場合は閉経前後に発生しやすくなるので注意しましょう。

 

 

・ノネナール対策はどうすればいいのか?

 

 

まずは、皮脂をしっかりと洗い流すことです。皮脂汚れがしっかりと落ちるタイプのボディソープを活用しましょう。

 

 

ただ、皮脂はすぐに発生してしまうので、落とすだけでは根本的な対策とは言えません。

 

 

すべき対策としては、抗酸化成分を含んだケア製品を利用することです。

 

 

ボディソープに含まれているケースもありますし、制汗剤などに含まれていることもありますよ。

 

 

■体臭の原因は「アポクリン腺から出る汗」である

 

 

すべての汗が体臭となってしまうわけではありません。

 

 

わきの下や性器周辺に多くあるアポクリン腺といったものから出る汗が、酸化したり雑菌によって分解されると匂いが出てしまうのです。

 

 

・アポクリン腺から出る汗対策はどうすればいいのか?

 

 

基本的に汗をすぐに拭くことです。放っておくと匂いに発展してしまいます。制汗クリームなど利用するのも良いでしょう。

 

 

さらに抗菌作用のある成分が含まれたボディケア製品も体臭を抑えるために役に立ちます。

 

 

■汗の臭いの原因は「エクリン腺から出てくる汗」である

 

 

エクリン腺は全身にある汗腺です。確かに、このあせも雑菌を繁殖させたり、酸化したりしますので、においは発生します。

 

 

しかし、こちらの汗については特に問題になりません。ワキガの臭いとは全く異なります。ほとんどが水分なので、酸化しても分解してもひどいにおいになりにくいのです。

 

 

・エクリン腺から出てくる汗の対策方法

 

 

こまめに汗を拭きとるのも良いでしょう。

 

 

さらに、肌の上にずっと汗がある状態は臭いを発生させやすいので、しっかりと体を洗うことも忘れないでください。