体臭対策石鹸とボディーソープの選び方とは?

体臭にお悩みの方はボディソープ選びに苦心しています。さらに、

 

 

専門的なものである体臭対策石鹸を利用しますが、その種類もたくさんあるので、

 

 

どれを選んだからいいのかで頭を悩ましている方は数多くいるのです。

 

 

もちろん、おすすめの選択法があるので、紹介します。

 

 

体臭でお悩みであり、どんなものを使ってケアしたらいいのか迷っている方に参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

 

■普通の石鹸はダメなのか?

 

 

・体臭には特別な効果が期待できない!

 

 

結論を言えば、一般の石鹸は体臭対策としては使えません。

 

 

そもそも、体臭に対応した専門成分が含まれているわけではありません。

 

 

単に“洗浄力があれば良い”といったものなのです。

 

 

確かに、多少の体臭であれば、洗浄力である程度対策ができるかもしれません。

 

 

しかし、一時的な効果しかなく、1時間や2時間後には再び臭いが出てきてしまいます。

 

 

■渋柿成分入りの加齢臭対策石鹸がおすすめである

 

 

加齢臭対策石鹸にはたくさんの銘柄がありますが、その中でも注目されているのが“渋柿成分”です。

 

 

加齢臭の原因は、皮脂がノネナールといった成分に変質してしまうことです。

 

 

その変質を抑えることができれば加齢臭対策となるのですが、実は渋柿成分委はその働きがあります。

 

 

渋柿には豊富なポリフェノールが含まれており、実際にノネナールの除去ができるとされているのです。

 

 

少し高価なタイプの石鹸になりますが、加齢臭でお悩みの方は一度利用して確かめてみる価値はあるでしょう。

 

 

■ミョウバン入りや緑茶エキス入り石鹸にも注目

 

 

何も渋柿だけが体臭に効果があるのではありません。

 

 

ほかにも、代表的なものとしてミョウバン入りや緑茶エキス入りのものもコウイカが高いとされているので注目です。

 

 

まずは、ミョウバンですが、具体的な効果として臭いの原因のアンモニアをシャットアウトする機能があるとされています。

 

 

実は、アンモニアはアルカリ性なのです。一方のミョウバンは酸性なので、中和することで消臭効果が発揮されるといったメカニズムがあります。

 

 

緑茶エキスについては、渋柿成分とほぼ同じシステムを持っています。

 

 

カテキンやフラボノイドといった成分が緑茶エキスには含まれているのですが、これらもポリフェノールの一種となります。

 

 

体の参加を抑えてくれるものなので、酸化による体臭をしっかりと押さえるとされています。

 

 

■成分に注目して石鹸やボディソープを選ぶこと

 

 

体臭がある方は、単に洗えるタイプの石鹸やボディソープでは意味がありません。

 

 

上記のような臭い対策ができる成分が含まれているかに注目すべきです。

 

 

購入する前に必ず成分表を確認してくださいね。