体臭と食生活や生活習慣の関係を徹底解説!

 

体臭は食生活や生活習慣によってかなり左右されます。

 

食生活などを見直すことで、体臭が和らぐことも少なからずあるのです。

 

 

では、どのような仕組みで体臭と生活習慣がかかわりあっているのでしょうか。

 

 

 

■体臭のもとになる物質について

 

・脂質
・タンパク質
・糖

 

以上の物質が基本的に体臭のもとになっているのです。

 

 

それらが汗に交じることによって、その汗が菌によって分解されたり、酸化したりするとひどいにおいを発生させます。

 

 

食べ物に気を付けていれば、ある程度はそれらの物質が汗に混ざることも避けられるのです。

 

 

上記の成分を大量に摂取すると、人体は必要以上の物質が体に入り込んできたので、体外に排出しようとします。

 

 

汗として流そうとするわけです。その結果が体臭に結びついてしまうのです。

 

 

食べ物についてしっかりと考えて摂ることが大事です。必要以上に食べていませんか。

 

 

体臭に困っている方は、暴飲暴食している確率も高いので注意してくださいね。

 

 

■睡眠不足が体臭になることもある

 

 

・睡眠不足=ストレス

 

 

体臭にはストレスも大いに関係しています。

 

そもそも、緊張すると汗をかいたりしますよね。

 

 

体臭は汗が大いに関連しているのです。あせをかかないようにするためにも、睡眠をしっかりと取るのは大事なことなのです。

 

 

睡眠ですが、実はストレス解消に大いに役立っています。

 

 

そもそも、睡眠が足りないとストレスがたまってしまうのです。

 

 

1日あたり3時間や4時間しか眠っていない方は、体臭が出やすいので、少なくても6時間前後の睡眠はとるようにしてください。

 

 

※週末に寝だめすればいいということではなく、毎日平均的に一定の睡眠時間は確保しましょう。

 

 

■お酒の飲みすぎは体臭を発生させる

 

 

・肝臓の働きも体臭に関係している

 

 

肝臓には、においの物質を排出する役割があります。

 

 

正常に機能していれば、基本的に体外に汗として臭い物質が出てくることはありません。

 

 

しかし、飲みすぎたりすると、アルコールを分解することに肝臓の機能を使い込んでしまいます。

 

 

その結果、におい物質を排泄する役割が鈍くなってしまいます。その結果、血ににおい物質が入り込んでしまい、全身を駆け巡ってしまうのです。

 

 

 

そして汗をかいた時に全身でそのにおい物質が含まれたものが肌の上に出てしまうのです。

 

 

普段から肝臓の機能を高めておくことは体臭予防にもつながります。アルコールについても、

 

 

休肝日を設けるなど計画性を持って飲むようにしましょう。無分別に飲むのだけはやめてくださいね。