えっ!?こんな方法で?体臭の気づき方とは

自分の身体の臭いって、なかなか気づきにくいですよね。

 

 

しかし、いつまでたっても自分の臭いに気付いていないのは大きな問題です。

 

 

周りの方の態度を見て感じ取れる場合もありますが、そうなる前に自分で気づいておくべきです。

 

 

気づくのが早ければ、それだけでも早く対応できるわけですよね。では、いったいどんな方法で自分の体臭に気付けるのでしょうか。

 

 

■ワキガに気付く簡単な方法

 

 

実はワキガには、ほかにも体質に特徴があります。さらに遺伝することもあるので、

 

 

かなり気づきやすいといった特徴があるのです。

 

 

臭いで感じなくても、自分にワキガの可能性があるのか、それともないのかを調べられるのです。

 

 

≪ワキガに該当する方の特徴例≫

 

・耳の垢が湿っている
・わき毛の量が多めである
・わきの下の汗が黄ばんでいる(白い服を着た時など)
・両親など、家系にワキガの人がいる

 

 

これらの条件にあてはまれば必ずワキガである、といったわけではありませんが、かなり確率は高いと考えて間違いはありません。

 

 

特にわきの下の汗に色がついている場合には、かなり確率が高いです。

 

 

わきの下の汗の物質が、水分以外のものを大量に含んでいる可能性が高いからです。

 

 

水分量が多いと、基本的に臭いはあまり発生しません。しかし、脂質やタンパク質など含んでいる場合には、

 

 

その汗が菌によって分解されるときににおいを発生させてしまうのです。

 

 

もう一つ注目すると、わき毛の量があります。わき毛の量が多いと、

 

 

わきの下の汗がその場にとどまり続けてしまいます。わきの下で汗が分解されることによって、ワキガの臭いが強まってしまうのです。

 

 

女性は定期的にわき毛の処理をしていると思いますが、男性はあまり行っていないと思います。わき毛が臭いのもとになっているのは盲点だと思いますので、

 

 

わき毛量の多い方は定期的に処理するのもおすすめです。

 

 

■口臭に気付く方法とは?

 

 

・何も入っていないコップで自分の臭いをかぐこと

 

 

手を使って臭いを確かめる方法が一般的ですが、手の匂いがしてしまう場合もありますし、手だと息が漏れてしっかりと臭いがかげないこともあるのです。

 

 

その点、しっかりと洗って乾かしたコップであれば、直接自分の息の臭いを確かめられます。

 

 

簡単な方法になるのでぜひ利用してくださいね。

 

 

※口臭が急に強くなった方は胃腸の病気にかかっている可能性もあります。

 

 

 

口臭に気付いたら、一度は医療機関でしっかりとした検査を受けましょう。