嫌な臭いはどこから?体臭の原因を解説します

嫌な臭いはどこから?体臭の原因を解説します

多くの方を悩ませるトラブルとして、体臭を挙げることができます。

 

体臭はどのような原因で生み出されるのでしょうか。

 

 

体臭の原因は皮脂や汗など

 

体臭には様々な種類があります。

 

それだけに体臭の根本的な原因を一つに絞ることは出来ません。

 

しかし、いずれの体臭も汗や皮脂が問題を引き起こしています。

 

汗腺から分泌される汗は、主に体温を調整する役割を担っています。

 

皮脂腺から分泌される皮脂は、主に髪の毛や皮膚に潤いを与え守る役割を担っています。

 

汗や皮脂が適切に分泌されることにより、身体の健康は守られています。

 

しかし、これらが臭いの原因になっているのです。

 

分泌されたばかりの汗や皮脂は無臭ですが、これらが皮膚に存在する常在菌に酸化・分解されるなどすると、不快な臭いが生じます。

 

この臭いが体臭の原因になっているのです。

 

 

人により体臭が異なる理由

 

汗や皮脂が分解・酸化されることなどにより体臭は発生します。

 

誰にでも起こることにもかかわらず、人により臭いの特徴が異なるのはなぜでしょうか。

 

人により臭いの特徴が異なる理由は、分泌される汗や皮脂の成分が異なるからと考えられています。

 

例としてワキガを挙げることができます。

 

ワキガの原因は汗です。

 

誰でも脇から汗が分泌されるにもかかわらず、臭いの強い人とそうでない人がいます。

 

臭いの強い人は、アポクリン腺と呼ばれる特殊な汗腺から、タンパク質や脂質、脂肪酸などを含む汗が分泌されています。

 

この汗が皮膚常在菌などに分解されることにより、ワキガ特有の体臭が生まれます。

 

同じく、加齢臭は皮脂が原因です。

 

臭いの強い方は、皮脂の中に含まれる脂肪酸(パルミトオレイン酸)や過酸化脂質が多いことがわかっています。

 

これが酸化・分解されることで加齢臭特有の青臭い脂臭が生み出されるのです。

 

汗や皮脂に含まれる成分が異なるため、体臭のある人、ない人がいるのです。

 

 

汗や皮脂をケアしましょう

 

汗や皮脂に含まれる成分により、様々な体臭が生み出されます。

 

汗と皮脂に含まれる成分が異なっても、汗と皮脂が主な原因になっていることに変わりはありません。

 

つまり、多くの場合において、これらに適切に対処すれば体臭をケアすることができます。

 

より根本的な解決には特殊な処置を要する場合もありますが、まずは汗や皮脂をケアしてみてはいかがでしょうか。

 

ワキガなど特殊な事情をお抱えの方は、お悩みの臭いを和らげてから根本的な解決に臨むとよいでしょう。

 

 

体臭の原因は人により異なります。

 

しかし、汗や皮脂が原因になっていることに変わりはありません。

 

体臭にお悩みの方は、汗や皮脂のケアに取り組むとよいでしょう。