体臭の独特な臭いの正体を突き止めましょう

体臭の独特な臭いの正体を突き止めましょう

体臭の中には、何とも言えない独特の臭いを放つものがあります。

 

この臭いの正体はどのようなものなのでしょうか。

 

 

体臭の問題は独特な臭い

 

体臭は「皮膚の汗腺や皮脂腺の分泌物から生ずる臭い」のことです。

 

誰にでも多少はあるものなので、不快な臭いでなければ問題になることはありません。

 

しかし、体臭が独特の臭いを放つ不快なものであれば、一緒の空間にいる人を悩ませます。

 

また、いるだけで他人に迷惑をかけてしまうので、体臭を放つ本人も深く悩んでしまいます。

 

このことからわかる通り、体臭そのものが問題なのではなく、独特な臭いを放つ体臭が問題なのです。

 

この独特な臭いの正体はどのようなものなのでしょうか。

 

 

体臭の原因は汗や皮脂

 

先ほど紹介した通り、体臭は皮膚の汗腺や皮脂腺の分泌物から生ずる臭いのことです。

 

同じように皮膚の汗腺や皮脂腺から汗や皮脂が分泌されるのに、独特の臭いがする方とそうでない方がいるのはなぜでしょうか。

 

臭いの特徴が異なる理由は、汗や皮脂の成分にあります。

 

同じように見える汗や皮脂ですが、人によって含まれる成分が異なります。

 

特定の成分を多く含む方は、その汗や皮脂が酸化・分解されるときなどに、独特の臭いを生み出す体臭の原因物質が生まれます。

 

これにより、独特な臭いの体臭が生み出されます。

 

 

独特な臭いの正体

 

不快な体臭の正体は、臭いの元になる原因物質です。

 

これは、特定の成分を含む汗や皮脂が分解・酸化されることで生み出されます。

 

人により汗や皮脂に含まれる成分が異なるため、体臭の特徴が異なります。

 

独特の体臭の方は、独特の臭いを生み出す成分が汗や皮脂に多く含まれていると考えられます。

 

以下では、独特な臭いを生み出す正体を紹介いたします。

 

 

ワキガ

 

ワキガのツンとした臭いの正体は、ビニルケトン類です。

 

また、3−メチル−2−ヘキセン酸もワキ特有の臭いを生み出します。

 

アポクリン腺から分泌される汗が分解されることで、ワキガ特有の臭いが生まれます。

 

 

加齢臭

 

加齢臭の正体はノネナールです。

 

ノネナールが青臭い脂臭を生み出します。

 

加齢により増加するパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増えることが原因です。

 

 

頭皮

 

頭皮独特の臭いの正体は、アルデヒド類と脂肪酸などです。

 

この臭いは加齢臭とは区別されています。

 

加齢臭に比べると青臭さがありません。

 

以上が主な体臭の正体です。

 

いずれも汗や皮脂が分解・酸化することなどで生まれます。

 

体臭の正体は、臭いのもとになる原因物質です。

 

この原因物質は、皮脂や汗に含まれる特定の成分から作り出されます。

 

皮脂や汗が原因になるので、体臭が気になる方は小まめにケアをするとよいでしょう。