体臭の発生しやすい部分ってどこ?頭皮?ワキの下?

体臭の発生しやすい部分ってどこ?頭皮?ワキの下?

体臭については、全身のどこからでも出ているわけではありませんよね。

 

特定の部位から出ている、といった印象があるのではありませんか。

 

実際にそれは正しいです。

 

こちらでは実際に体臭が発生してくる部位について詳しく解説します。

 

場所がわかれば、どこを対処すれば良いのかもしっかりと分かるようになりますよね。

 

 

■皮脂が多く分泌される場所に臭いは発生しやすい

 

・ワキの下
・胸
・頭皮
・背中
・首の周り
・耳の裏
・股間の周辺など

 

体臭と密接に結びついているのが皮脂なのです。

 

皮脂が出るところでは、臭いも発生するのでしっかりと対処しなければなりません。

 

汗についても臭いは発生します。

 

しかし、汗臭さに関しては、それほどきついものではないケースがほとんどなのです。

 

しかも、拭いたりすれば落ち着くわけです。

 

問題は皮脂が多く発生する場合なのです。

 

ただ、皮脂にも二つの種類があり、そのどちらであるかによってきつい匂いが発生する場合もあれば、それほどきつい臭いが発生しないこともあるわけです。

 

では、皮脂について詳しく把握してみましょう。

 

 

■エクリン汗腺とアポクリン汗腺について

 

・エクリン汗腺・・・皮脂のほとんどが水分
・アポクリン汗腺・・・水分以外にも脂肪・タンパク質・糖分・鉄分などが含まれる

 

エクリン汗腺については、ほとんど問題がありません。

 

99%以上が水分となっているので、臭い自体が発生しないわけです。

 

いわゆる、汗臭さ程度の体臭にしかなりません。

 

問題は、アポクリン汗腺にあるわけです。

 

アポクリン汗腺は様々な物質の集合体となります。

 

その汗が、菌によって分解される時に、非常に嫌な臭がしてしまうのです。

 

それがワキガの原因になります。

 

わきが手術を受ける方も居ると思いますが、実はアポクリン汗腺を取り除くことを行っています。

 

しっかりと取り除ければ、ワキガなどに悩まされることが実際になくなります。

 

※ちなみにアポクリン汗腺で分泌されたもの自体には臭いはありません。
あくまで、菌によって分解された時に臭いを発生させているわけです。

 

 

■アポクリン汗腺がある部位とは?

 

・ワキの下
・股間の周辺

 

アポクリン汗腺の臭いは、いわゆるフェロモン臭と呼ばれるものでもあります。

 

全身の何処からでも臭っているわけではありません。

 

ワキの下と股間周辺に集中して発生しているのです。

 

それらの部位の匂いを抑えられたら、体臭についてはかなりしっかりと抑えられることになります。