ワキの臭い対策方法

臭いの発生源として定番のワキですが、汗自体に臭いはなく、細菌と結びついたり分解されることで臭いが発生し、それが衣服に付いて臭いが分かりやすくなるという感じですので、ワキの臭いを防ぐためには清潔にすることが一番です。

 

汗取りパットや制汗剤スプレーを使ったり、入浴時は殺菌効果のある石鹸を使うなど普段から清潔にしていればワキの臭いはある程度は防げますし、ワキ毛が原因で細菌が繁殖しやすくなることもあるので、ムダ毛も定期的に処理しましょう。

 

糖分、脂質、動物性たんぱく質を過剰摂取すると臭いを強めてしまいますし、通気性の悪い衣類は汗が肌に残りやすく臭いが残りやすくなります。

 

ワキの臭いを防ぐためのグッズは色々と売っていますし、臭いの原因となる汗と細菌の結びつきを防ぐことが臭いを防ぐ上で大切なことですので、夏は特に通気性の良いインナーと売られている臭いグッズを使い分けてワキの臭いやそのほかの部分の臭いを防いでください。

 

何を試しても一向に改善されない、という人はワキガの可能性がありますし、そうなるとできることは限られてくるのでプロに見てもらったほうが良いです。

 

半身浴を続けるとワキ含め体臭が改善された、というのはよく聞きますので試してみてください。

手軽にできるワキの臭い対策

 

暑い夏場だけでなく、意外と冬もワキの臭いが気になる季節です。夏よりも洋服で臭いがこもりやすい分、冬のほうがワキの臭いがきつくなることもあります。

 

夏だけでなく年間を通してワキの臭い対策を行わないと、周りから「臭う人」扱いされてしまう危険性が高いのです。

 

手軽にできるワキの臭い対策として、まず冬もワキ毛の処理を怠らないことです。

 

ワキ毛が伸びていると、しっかり泡立てていても毛の根元にはどうしても汗や皮脂の洗い残しができてしまい、悪臭の原因となる雑菌等の温床となりやすくなります。

 

冬でも湿度が高く温度も高いワキは絶好の繁殖場所となり、ワキの臭いがひどくなってしまうのです。

 

そのため、冬でもワキのムダ毛の手入れは欠かさないことです。

 

さらに汗染みを防ぐこともワキの臭い対策として重要です。

 

ウールや保温性の高い機能性下着によってインナーに汗をかきやすくなる冬も、市販されている使い捨てのワキ汗用のパッドを使って汗が染みないようにしましょう。

 

また、汗拭きシートを使って、汗をかいたと感じたときはこまめにふき取ることも効果的です。

 

こまめに汗を拭きとるなど、面倒くさがらずにしっかりにおいの元を絶つようにしましょう。