気になる!ワキガは予防や対策ができるのか?

ワキガは見た目の印象と同じく、自分の印象を左右しかねないものです。

 

こちらでは、ワキガは予防できるのか、さらに対策法はあるのかについて解説します。

 

ワキガで実際に悩んでいる方は必見です。

 

 

■汗をこまめに拭きといること

 

・雑菌の繁殖を抑えることが肝心

 

ワキガはアポクリン汗腺から出た汗によって引き起こされます。

 

よって、そのアポクリン汗腺からの汗によって雑菌が繁殖する前に拭き取ってしまえばよいのです。

 

わきの下を拭く用のタオルを持ち歩くと良いかもしれません。

 

しかし、同じタオルを使ってわきの下の汗を拭いていると、タオル自体に臭いがついてしまい、得たい効果が得られないかもしれません。

 

タオルもこまめにとり替えましょう。

 

 

・使い捨ての汗ふきシートも役に立つ

 

タオルは持ち歩くのは大変です。

 

しかし、汗ふきシートなどであれば、バッグにも入れて持ち運びやすいですよね。

 

そしてトイレに入ったついでなどに、わきの下をさっと拭くのです。

 

使い捨てなので、繰り返し使うこともなく、タオルのようなデメリットを気にする必要もありません。

 

 

■デオドラント系のアイテムを利用すること

 

・制汗剤など

 

制汗スプレーなどを利用するのもおすすめです。

 

ただ、ワキガの方は、一般的なデオドラント剤では役に立たないこともあります。

 

ワキガは菌の発生が大きな問題を引き起こしています。

 

単ににおい付けのスプレーでは有効な対策にはなりません。

 

 

・抗菌作用・殺菌作用があるタイプを利用すること

 

汗を分解する菌を抑制できれば、ワキガの臭いは落ち着きます。

 

菌に対抗できる作用があるデオドラント系アイテムを持ち歩いて定期的に利用しましょう。

 

特に夏はワキガではない方も利用しているので、雰囲気的にも活用しやすいと思いますよ。

 

 

■食生活を変えてみよう〜肉食は控えること〜

 

・和食がワキガに効果的

 

アポクリン汗腺から出てくる汗の中には、脂質やタンパク質です。

 

どちらも人体にとっては不可欠なものですが、欧米の食事では摂りすぎてしまっています。

 

その結果、ワキガの臭いを増幅させている例もあるほどです。

 

和食を中心にすれば、脂質もタンパク質も必要最低限の摂取となります。

 

ワキガの臭いを抑えられる可能性は高いので試してみる価値があります。

 

こちらの対策では臭いを完全になくすことは出来ませんが、においの強さを減らす効果はかなり期待できるのです。

 

 

■アルコール消毒をしてみよう

 

・菌を一掃できる!

 

100パーセントではありませんが、アルコール消毒液にはかなりのパワーがあります。

 

なんと、99パーセントの雑菌を退治できるとされています。

 

わきの下をアルコール消毒すれば、臭いのもとをほとんど根絶することも可能です。

 

ちなみにアルコール消毒液は利用しやすいです。

 

すぐに蒸発するので、特に拭く必要はありませんよ。