ワキガVS汗臭さ|ワキガではない体臭との違い

ワキガの臭いと一般的な体臭(汗臭さ)には大きな違いがあります。

 

汗臭さも酸っぱいような嫌なにおいがすることは確かですが、耐えきれないといったものや顔をしかめるほどでもありません。

 

しかし、ワキガの臭いは全く異なります。

 

ツーンと鼻の奥に来るような臭いが感じられるのです。

 

こちらではワキガと一般的な体臭には、なぜ違いがあるのかについて詳しく解説します。

 

 

■汗腺の違いがある!

 

・ワキガの臭いを発生させる汗腺・・・アポクリン汗腺
・汗臭さを発生させる汗腺・・・エクリン汗腺

 

汗が出てくる汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。

 

そのどちらから汗が出てくるかによって臭いの質や強さに大きな違いがあるのです。

 

エクリン汗腺については、基本的に全身にあります。

 

一方でアポクリン汗腺は局所的に存在しています。

 

わきの下や股間の周辺となります。

 

アポクリン汗腺は、においが発生しやすい部位付近に集中して存在しているのです。

 

 

■汗腺から出てくる汗に大きな違いがある

 

・アポクリン汗腺から出てくる汗の成分・・・水分以外に脂質など様々な成分が含まれる
・エクリン汗腺から出てくる汗の成分・・・ほとんどが水分でその他の成分はわずか

 

汗腺によって出てくる汗の質に違いがあります。

 

実は、その汗の内容がワキガの臭いと一般的な体臭を差別化しているのです。

 

 

・アポクリン汗腺から出てくる汗を菌が分解すると嫌なにおいが発生

 

アポクリン汗腺のように、様々な成分が含まれている汗を菌が分解するとワキガの臭いが発生します。

 

菌が繁殖してしまうと、一気にその臭いが拡散してしまうので気を付けなければなりません。

 

エクリン汗腺は、水分がほとんどなので菌が発生して分解してもそれほどの臭いは発生しません。

 

臭いが出たとしても、多少酸っぱいような汗臭さのみとなります。

 

きつい臭いには発展しないのです。

 

 

■汗以外の体臭とワキガの臭いの違い

 

・基本的に臭い発生の原理は同じになる

 

臭いの発生には、ほとんどのケースで湿気と菌が関連しています。

 

水分があり、それを餌に菌が発生すると臭いが出てきてしまうのです。

 

たとえば、足の指の間は臭いが発生しやすいです。

 

それは、脚の指の間が狭まっているので、湿気が留まりやすいからです。

 

しっかりと洗ったからと言って、湿気があれば菌はすぐに発生するもの。

 

においを抑えるためには、ワキガも他の体臭も同じように乾燥が重要なのです。

 

乾燥している部位からはほとんど臭いが発生しないのは何となくでもわかりますよね。

 

わきの下は形状上、どうしても湿気が留まりやすいのです。

 

しかも、汗の特質も相まってきついにおいが発生しやすいわけです。