ワキガの臭いは自分で気付かないってホント?

自分の臭いは自分では気づかないといわれているのですが、実際にワキガに関してはそのようなことはあるのでしょうか。

 

非常にきついにおいのするワキガです。

 

もしも気づかないのであれば、自分自身の臭いについて不安に感じてしまうでしょう。

 

こちらではワキガの臭いを本人は感じることができるのか、といったことについて詳しくお話しします。

 

 

■気づかないケースが非常に多い

 

ワキガについては、驚くべきことかもしれませんが、においに気付かない方が非常に多いのです。

 

自分がワキガではないと信じきっている方は少なくありません。

 

なかには、周りの反応から自分の体臭に気付く方もいるのですが、ワキガであっても気づかないで何もケアしない方は思ったよりも多いです。

 

周りの方も、もし臭いを感じたとしても、そういった繊細なことはなかなか指摘できないですよね。

 

では、なぜあれだけ強烈な匂いがするワキガなのに、自分の臭いには気づかないのでしょうか。

 

 

■嗅覚疲労状態に落ちってしまっている

 

“嗅覚疲労”については、医学的な用語なので知っている方はあまりいないかもしれません。

 

「自分の臭いは自分では気づかない」

 

簡単に言ってしまえばそのようなものです。

 

たとえば、同じにおいを一定時間かぎ続けると、嗅覚の感度が衰えてしまいます。

 

ずっとその臭いを感じ続けるわけですから、当然と言っては当然かもしれません。

 

嗅覚は、環境に順応するものなのです。

 

臭い所にずっといても、しばらくすれば慣れてくることもあるでしょう。

 

まさにそれが嗅覚疲労です。

 

 

■ワキガに人も他人のワキガは気づく!?

 

ちょっと驚きのことかもしれませんが、これは真実になります。

 

ワキガの方であっても他の人のワキガの臭いはしっかりと分かります。

 

 

・ワキガの臭いはすべて一緒ではない

 

ワキガと一言で言っても、においには個人差があります。

 

アポクリン汗腺から分泌された汗が菌に分解されることで臭いが発生するのですが、その汗の内容物の比率は人それぞれ違うのです。

 

だからこそ、ワキガの臭いは人によって異なっており、自分の臭いとは違う匂いなので感じるわけです。

 

 

■家族は家族のワキガに気付かない?

 

ずっと一緒の家にいるので、いなくてもその家からワキガの臭いがしているケースもあります。

 

ですから、嗅覚疲労が起きやすいわけです。

 

家族のワキガについては全く気付かないケースが実際に多いです。

 

人の家に行ったときには、いつもと違う匂いを感じませんか。

 

しかし、家に帰ってくると自分の家の臭いはしないものでしょう。

 

しかし、他人があなたの家に来れば自分の家の臭いとは違う、と感じ取っているはずです。

 

人間の嗅覚とはそういった性質を持っているのです。