知りたい基礎知識|ワキガの原因ってなに?

ワキガで悩んでいる方は少なくありません。

 

そこで注目して欲しいのが、ワキガの原因です。

 

対策をしようにも、原因がわからなければ有効な対策はできないわけです。

 

こちらではワキガはなぜ発生するのかについて、詳しく解説します。実際にワキガで悩んでいる方は必見です。

 

 

アポクリン汗腺から排出される「汗」が分解されると臭いが発生してしまう

 

汗腺の一つにアポクリン汗腺と呼ばれるものがあります。

 

その数が特に多い方がワキガになりやすい、といった特徴があります。

 

アポクリン汗腺は全身にあるわけではなく、ワキの下や股間の周辺にのみ出てきます。

 

そこから出る汗によって引き起こされるのがワキガです。

 

簡単に説明してしまえば、

 

・アポクリン汗腺から汗が発生

・菌によってその汗が分解

・ワキガの臭いが発生

 

となります。

 

勘違いしてほしくないのは、アポクリン汗腺からの汗だけが臭いを引き起こしているのではないですし、細菌だけが臭いを引き起こしているだけではない、ということです。

 

アポクリン汗腺と細菌のコラボレーションによってワキガは引き起こされているわけです。

 

アポクリン汗腺から汗が発生しても、菌によって分解されなければ臭いは発生しません。

 

一方で菌が発生しても、アポクリン汗腺から分泌された汗がなければ、あのワキガの臭いは発生しないのです。

 

ワキガを治すためには、アポクリン汗腺の汗をどうにかするか、菌をどうにかするか、汗と菌の両方をどうにかすればいいのです。

 

 

ワキガは遺伝によって発生してしまうのか?

 

・優性遺伝されてしまう

 

優性遺伝とは、親がワキガであった場合には、高い確率でワキ臭が遺伝されてしまう可能性を指しています。

 

ただ、父親と母親が両方ともワキガであったとしても、100%ワキガが遺伝されるわけではありません。

 

その場合であったとしても、80%にとどまります。

 

・生活習慣による可能性は極めて低い

 

ワキガは生活習慣によって高められる可能性もないわけではありません。

 

しかし、生活習慣によって、アポクリン汗腺が増えるわけでもありません。

 

生活が乱れるからといって、即ワキガになるわけでもないのです。

 

子供の時はワキが出なかったのに、大人になってからワキガが発生するので、遺伝性はないと思っている方も多いです。

 

しかし、子供の時はアポクリン汗腺の分泌が活発化されていません。

 

思春期を迎えてやっと活発化するのです。

 

ですから、子供の時に臭わないのは当然で、ワキガとは大人になってから発症します。