汗の臭いと混ざる?〜体臭を抑える方法をチェック〜

汗の匂いはあまりよいものではありまえん。

 

こちらではその汗とどんなものが混ざると嫌な臭いになるのかについて詳しく解説します。

 

さらにその臭いを抑える方法についてもお話しします。

 

 

汗は皮脂と混ざると嫌なにおいを発生させる

 

・酸っぱい臭い誕生の秘密

 

体臭として嫌なものに、酸っぱい臭いがあります。

 

多くの方が、その臭いを不快と感じているのです。

 

酸っぱい臭いは、汗の乳酸と皮脂が混ざり合って引き起こされる臭いとなります。

 

汗の乳酸ですが、酸化されて分解されるときに出てきます。

 

皮脂もお肌の上にあるものなので、どうしても混ざり合ってしまい、結果的に菌に分解されるときにあの酸っぱい臭いを発生させてしまうのです。

 

特に運動後は汗をかいています。

 

しっかりと拭き取る、といった対策は必ず実施してください。

 

そのままにしていても、全く良いことはありません。

 

ワキガの臭いを増幅させてしまう可能性だって捨てきれないのです。

 

どんな臭いであったとしても、混ざり合ってしまうと嫌な臭いに感じてしまいます。

 

では、体臭を抑えるにはどういった対策が必要なのでしょうか。

 

 

菌を発生させないようにすること

 

・菌に餌を与えない!

 

細菌はお肌の上にあるものです。

 

しかし、繁殖して大量に発生するためには、餌が必要です。

 

餌となるのが、「汗」と「皮脂」なのです。

 

ですから、其の汗と皮脂の発生を抑制させてやれば、菌が発生しにくくなり、匂いの発生もだいぶ抑えられることになります。

 

・汗や皮脂を抑える方法

 

汗については、抑えることはなかなか難しいです。

 

ワキの下に注射を打って、汗を出にくくする方法も実際にありますが、美容外科を頼るようなことはしたくない方も少なくないでしょう。

 

汗については、こまめに拭き取るしかありません。

 

肌の上の汗が少なければ、餌が少ない状態が続くので目的は達成できます。

 

皮脂については逆転の発想が必要です。

 

皮脂は乾燥肌になると分泌される仕組みとなります。

 

一方で肌が潤っていれば、皮脂腺の活動は弱まるのです。

 

ですから、ワキの下などに保湿クリームを塗ってみましょう。皮脂が発生しにくくなるので、臭いがだいぶ落ち着くこともあります。

 

保湿クリームの中に、殺菌作用や抗菌作用のある成分が含まれていると、なお良いです。

 

 

デオドラント用品の使い方を間違えるな

 

・汗を拭き取ってから利用すること

 

デオドラント用品ですが、汗を拭き取らないまま使ってしまっている方が多いです。

 

デオドラント用品に抗菌作用があったとしても効果は一時的です。

 

汗がワキの下にあれば、また菌が発生して匂いを出してしまいます。

 

デオドラント用品の効果を高めたいのであれば、汗をしっかりと拭いてから利用してくださいね。