ワキガ対策用品は制汗スプレーと併用して大丈夫?

ワキガを抑えるために、様々なグッズを利用している方も少なくありません。

 

ワキガは多くの方にとって、非常に大きな悩みとなってしまっているのです。

 

そのワキガ対策グッズと制汗スプレーの併用についてお話します。

 

実際に一緒に使って問題になることはあるのでしょうか。

 

 

オドレミンと制汗スプレーの併用について

 

・まったく問題なし

 

オドレミンを使用してワキガ対策としている方は少なくありませんが、たとえ使用中であったとしても制汗スプレーは利用できます。

 

ニオイ対策両方とも良いアイテムなので、併用をおすすめします。

 

オルドレミンについてですが、知らない方も多いでしょう。

 

簡単に説明すると多汗症の治療でも使われる塩化アルミニウムを含ませています。

 

汗腺自体を物理的に防ぐことを可能としているのです。

 

汗が過剰分泌されないようになります。

 

オルドレミンが洗い流されるほど制汗スプレーを使うのはおすすめではありません。

 

しかし、肌の表面に付くくらいしかスプレーには効果はないので、オルドレミンの効果を阻害してしまう可能性はほとんど無いのです。

 

だからこそ併用については全く問題無いとさせてもらいました。

 

※オルドレミンは手に入れるのが比較的難しいです。

 

ドラックストアでの取り扱いも少ないので、ネット通販で購入する、と言った方法がおすすめになります。

 

 

ワキガ対策用グッズ利用の注意点

 

・肌を乾燥させる物質が入っているものはなるべく避けること

 

人間の肌は、乾燥してくると皮脂を分泌させる機能を持っています。

 

ワキガ対策グッズで、ワキの下を乾燥させてしまえば、かえって皮脂の量が多くなってしまう可能性少なくありません。

 

・肌を乾燥させる物質とは?

 

アルコールなどになります。

 

アルコールは様々なものに含まれていますが、配合量が多いとワキガを強く発症させてしまう可能性もあるので注意しましょうね。

 

 

保湿機能のあるワキガ対策グッズがおすすめ

 

ワキガには乾燥させたほうが良い、といった考え方があります。

 

確かに、汗や皮脂で肌が潤いすぎると細菌が繁殖しやすいのは確かです。

 

そういった意味では乾燥がいいのかもしれません。

 

しかし、乾燥状態が続けば、皮脂腺が活発に動くようになり、長期的に皮脂が出やすい状態になってしまうかもしれないです。

 

ここは発想を変えて、潤い成分を含んだ対策グッズの利用を計画しましょう。

 

ワキガは、アポクリン汗腺から出た汗が分解されるから発症します。

 

アポクリン汗腺から出た汗でなく、ワキガ対策グッズで保湿する分には、仮にそれを餌に皮脂が繁殖したとしても、あの臭いは出てこないわけです。

 

そもそも、ワキガ対策グッズは、抗菌機能や殺菌機能もあるので、菌が繁殖する可能性はありません。

 

積極的に保湿機能が高そうなものをワキガ治療に併用しましょう。