ワキ脱毛するとワキガには効果はあるのか?

昔からまことしやかに言われていることがあります。

 

「ワキ毛の脱毛をすると、ワキガに効果がある。」といったものです。

 

都市伝説のように語られるケースが多いのですが、実際にそんなことはあるのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

基本的なお話:根本的な効果はない!

 

残念なお話になりますが、ワキガ治療の一環としてワキ脱毛は役に立つわけではありません。

 

ワキガの臭いの根本は毛ではないからです。

 

ワキガは脇の下にあるアポクリン汗腺がある意味で原料になります。

 

その原料を餌に細菌が繁殖するのです。

 

最近が汗を分解するときに、匂いになる物質を作り出してしまいます。

 

これがワキ毛のメカニズムなのです。

 

毛が一度も出てこなかったことからも分かると思いますが、脱毛をしたとしてもワキガが治るわけではありません。

 

しかし、注目してほしいことがあります。

 

実は、ワキガを根本的に治すことはできないワキ脱毛ですが、改善する可能性はあります。

 

では、一体どんな理由からワキ脱毛をするとワキガが改善するのでしょうか。

 

 

汗がワキの下に留まりにくくなる

 

・汗と皮脂が蒸発しやすい!

 

ワキ毛がたくさん生えていると、ワキの下で発生した汗は、ワキ毛についてしまいます。

 

本来であれば、流れて蒸発するような汗であったとしても、長時間留まってしまうのです。

 

その結果、菌が発生しやすくなって匂いを出してしまうのです。

 

ワキの下に毛が無い場合ですが、汗が発生したとしても非常に流れてしまいやすいです。

 

ワキの下にずっととどまっているのではなく、すぐに蒸発します。

 

ワキの下に菌の餌となるようなものがなければ、菌は繁殖しません。

 

臭いも発生しなくなるのです。

 

ワキの下脱毛は、根本的な解決法にはなりませんが、臭いを抑える効果はある、といったことは正しい情報になります。

 

特に男性は、脇毛の処理をすると大きな効果が得られやすいです。

 

そもそも女性はワキ毛を処理する回数が多く、定期的にツルツルにします。

 

しかし、男性は伸ばしっぱなしの例が非常に多いです。

 

差からこそ、ワキ毛を剃った途端に臭いが収まる例も少なくありません。

 

実はこの考え方ですが、股間の臭いがきつい方にも応用できます。

 

股間にも、ワキの下と同じアポクリン汗腺が実際にあります。だからこそ股間周辺は臭ってしまうのです。

 

陰毛については、男性も女性もいっぱい生えてきますし、処理する文化は日本の場合にはまだまだ入ってきていません。

 

女性であっても股間を剃れば、股間の臭いはある程度落ち着いてくるものです。