ワキガを悪化させないようにするためのテクニック!

ワキガは生まれながらにしてなることが決まっているので、努力しても完全に治せるわけではありません。

 

美容外科でアポクリン汗腺を取り除いてもらうしかないのです。

 

こちらでは、そんなワキガを悪化させない方法をお教えします。

 

ワキガとうまく付き合っていく方法といっても良いかもしれません。

 

 

お風呂に入った時にしっかりとワキの下を洗い流すこと

 

・汗と皮脂を流す

 

完全に匂いを抑えられる方法ではありませんが、長期間お風呂に入っていないような状態はよくありません。

 

また、お風呂に入ったとしてもワキの下を洗っていないままにすると、皮脂や汗がそのままになっている場合もあります。

 

そのような状態が続けば、菌が発生し続けるのと同じです。

 

1日1回でも完全に洗い流して菌がない状態を作り出してあげるのが大切なのです。

 

ずっと効果があるわけではありませんが、一時的に臭いを消す効果も実際にあります。

 

・専用の石鹸やボディソープもおすすめ

 

ワキガ対策用グッズの中には、石鹸やボディソープもあります。

 

それらには、殺菌効果や抗菌効果が協力に含まれているのです。

 

菌がワキの下にいなくなれば腋臭の臭いは発生しないので、対策グッズで体を洗うのがおすすめなのです。

 

 

アルコールやタバコをやめること

 

・アルコールとワキガの関係性

 

アルコールが体臭をきつくするわけではありませんが、汗腺を活発化させてしまう効果があるのです。

 

アルコールを摂取すると汗が出やすい体質になってしまいます。

 

腋臭の臭いを強化させてしまう可能性が指摘されています。

 

さらにアルコールの代謝物質には、アセトアルデヒドや酢酸と言われるものがあります。

 

それには臭いがついており、ワキガとは違いますが体臭として周りに迷惑をかける可能性もあるのです。

 

・タバコとワキガの関係性

 

タバコにはニコチンが含まれています。

 

ニコチンには、アルコールと同じように汗腺の汗の分泌を促してしまう作用があるのです。

 

ワキガの臭いを増幅させてしまう恐れがあります。

 

 

制汗剤を定期的に使うこと

 

・スプレー
・クリーム
・ジェル
・スティックなど

 

様々な制汗剤が販売されています。

 

それらをこまめに使うのがお勧めです。

 

特に制汗剤については、殺菌作用や抗菌作用が含まれているものを利用しましょう。

 

制汗剤については、単に良い香りが付いているものだけのものもあります。

 

それでは全くワキガ対策になりません。

 

臭いに臭いで蓋をしただけですし、蓋をしたことにもならないです。

 

菌に対する何らかの作用がどうしても必要です。