ワキガと普通の汗のニオイの違いってあるのだろうか?

ワキガの臭いと汗臭い、といったものについて違いがあるのか気になっている方多いかもしれません。

 

実は、これは全く違った匂いになります。汗臭いといった臭いは誰にでも発生する可能性があります。

 

しかし、ワキガのような独特な匂いは、発生する人としない人がいるのです。

 

では、実際にワキガの臭いと一般的な汗の臭いにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

また、なぜ違いが出てくるのでしょうか。詳しく解説します。

 

 

■ワキガの臭いと汗の臭いのそれぞれの特徴とは?

 

・汗臭さの特徴とは

 

少し酸味のあるような酸っぱい臭いになります。

 

良い匂いではありませんが、それほど強烈な匂いをしているわけではありません。

 

シャワーを浴びたり、服を変えたりすることで特に匂いはなくなります。

 

汗を拭き取ってしまえば、特別には続かないのです。

 

汗臭さは、清潔を保っておけばある程度防げるものです。

 

夏だけ気にしていれば、他の季節ではほとんど対策は必要ない臭い、といっても良いかもしれません。

 

汗臭さだけであれば、一般的な制汗スプレーだけでも対処できますよ。

 

・ワキガの臭いの特徴とは

 

独特な匂いなので表現するのはかなり難しいです。

 

よく言われているのが、

 

酢の臭い
生乾きの洗濯物の匂い
傷んでしまっている玉ねぎの臭い

 

と言ったモノです。

 

臭いのイメージとしては、苦味や酸味を感じさせるものであり、しかも一般的な汗臭さと違ってかなり強烈な強い刺激臭となっています。

 

多くの方が不快に感じる臭いなのです。

 

ワキガの臭いに関しても清潔が大事ではありますが、毎日しっかりとお風呂に入っていても臭ってしまいます。

 

だからこそ大きな悩みになっているのです。

 

 

■なぜワキガと一般的な汗の匂いは全く違うのか

 

・汗腺が違う

 

一般的な汗の匂いは、エクリン汗腺から出てきたものになります。

 

エクリン汗腺から出てくる汗は、水分が99%となっており、透明です。

 

その汗を餌にして雑菌が繁殖はするのですが、分解するときには、ちょっとした汗臭さしか出さないのです。

 

元の汗の成分が綺麗だからです。

 

一方のワキガの場合には、アポクリン汗腺といったものが関わっています。

 

その汗腺から出てくる汗の特徴は、水分以外にも脂質やアンモニアなど様々な成分が混ざっているのです。

 

様々な成分を含んだ汗を餌に雑菌が繁殖するのですが、その汗を分解するときに強烈な匂いを発生させてしまいます。

 

少量の汗であったとしても、元々の臭いがきついのでお風呂が入った直後でも匂いが出てしまうことがあるのです。