耳垢とワキガの関係性は本当にあるのだろうか?

耳垢からワキガであるかを判断する、といったことも実際にあります。

 

本当に耳垢とワキガには関連性があるのでしょうか。

 

実際に、ワキガの人は自分の臭いを感じにくい、と言われています。

 

耳垢から判断できれば、非常に助かります。

 

自分がワキガであると分かれば、ニオイ対策もできるようになりますよね。

 

 

■湿った耳垢であるとワキガ体質である可能性が高い

 

・信憑性の高いチェック方法である

 

耳垢からワキガであるかをチェックするのは、都市伝説だと思われている節もありました。

 

しかし、これはかなり正確なチェック方法になります。

 

耳垢が乾燥している・・・ワキガの可能性は少ない
耳垢が湿っている・・・ワキガの可能性は高い

 

もちろん、100%判断できるわけではありません。

 

耳垢が乾燥していてもワキガの方はいますし、耳垢が湿っていてもワキガではない人もいるのです。

 

・なぜ耳垢が湿っているとワキガの可能性が高いのか

 

耳の中にはアポクリン汗腺ができやすいです。

 

アポクリン汗腺は、ワキガの根本原因ともなるもので、耳の中以外には、ワキの下や陰部などに発生しやすいものです。

 

アポクリン汗腺から出ている汗は独特で、様々な成分を含んでいます。

 

一般的な汗であれば、サラサラとした水分がほとんどですが、アポクリン汗腺の汗には様々な成分が含まれており、湿った状態でその場に残り続けやすいのです。

 

その結果、耳垢も湿った状態になってしまいます。

 

 

■耳垢が湿っている場合以外のワキガのチェック方法

 

耳垢だけでは、たしかにワキガを判断することは出来ません。

 

他の方法で、自身がワキガであるかをチェックする必要もあります。

 

その一つの方法として注目して欲しいのが、白いTシャツです。

 

・白いTシャツで1日過ごしてワキの下をチェックしよう

 

Tシャツのワキの下の部分が黄色くなっていた場合には、ワキガである可能性が高いです。

 

一般的な汗であれば、特に白いTシャツでも色がつきません。

 

しかし、アポクリン汗腺の汗には、様々な成分が混ざっています。

 

その結果、Tシャツに色がついてしまうこともあるのです。

 

※多くの方が、自分で臭いに気づけば良いのではないか、と思うかもしれません。
しかし、そうも都合良くはいかないのです。
自分の臭いは気づきにくいのです。
そもそも、自分の臭いは、ずっと嗅ぎ続けることになります。
嗅覚も慣れてしまって、臭さを感じなくなります。
また、家族の臭いについても慣れてしまうので、身近な人の体臭も感じにくくなりますよ。