真実を知ろう!ワキガは遺伝するのだろうか?

ワキガになってしまう原因を考える時に注目して欲しいのが、遺伝といったものになります。

 

両親ともにワキガであった場合は遺伝するのか、片方の親がワキガであった場合には遺伝するのか、といったことをこちらでは詳しく解説します。

 

 

■ワキガは遺伝する!

 

・ただし100%遺伝するわけではない

 

ワキガは確かに遺伝性のものですが、必ずしも親がワキガであるからといって、子供もワキガになるわけではありません。

 

ただし、優性遺伝であることも抑えておく必要があります。

 

両親がワキガであるときに子供もワキガになる確率・・・80%
片方の親がワキガであるときに子供もワキガになる確率・・・50%

 

高確率であると感じるかもしれません。

 

確かに、この数字は低いわけではないです。

 

片方の親がワキガであるだけで、将来的に2分の1の確率で自分もワキガになってしまうわけですから。

 

・優性遺伝とは?

 

ワキガなどの体質については、父親と母親から1つずつ遺伝することになります。

 

AA
Aa
Aa

 

この3つの組み合わせによって遺伝されるわけですが、「A」が強い遺伝子となり「a」が弱い遺伝子となります。

 

ワキガに対してはその「A」に分類されるのです。

 

自身の親の片方にワキガ体質の人がいた場合には、自分にもなる可能性が極めて高いといった認識は早くから持っておくべきです。

 

ワキガであると早く認識できれば、それだけ早く対処できることにもつながってきます。

 

 

■ワキガはいつからと分かるのだろうか?

 

・幼い時からワキガになるわけではない

 

赤ちゃんの時からワキガの臭がするわけではありません。

 

ある程度成長してからになります。

 

具体的には、思春期を迎えたあたりになりますので、10代にはいってから、となります。

 

・アポクリン汗腺の活性度合いが関わってくる

 

子供の時には、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の働きがありません。

 

汗をかいたとしても、エクリン汗腺からのみとなります。

 

エクリン汗腺については、綺麗で混じりっけのほとんどない汗となるので、ワキガのような強烈な臭がすることはありません。

 

汗臭いといった臭い程度になります。

 

思春期を迎えた頃に遺伝によってワキガ体質の人は、アポクリン汗腺が活発に働き出します。

 

汗がアポクリン汗腺からも排出されるようになるのです。

 

ここで初めて自分がワキガで気づくケースが多いのです。

 

ワキガ体質であるか、それともそうではないかは残念ながら選ぶことは出来ません。

 

全ては遺伝によって決められています。

 

しかし、ワキガは対処できないわけではありませんよ。