緊張するとワキの臭いが増大すること

ワキの臭いを抑えるためには、食事を改善することが有効であると分かりました。

 

脂っこい食事ばかりをしているとアポクリン腺という、脇の下の汗腺から脂分が大量に分泌されてしまうのです。

 

汗の成分は大半が水分なのですが、水分だけではそれ程臭いはしないのです。

 

それに皮脂の脂と分泌される脂に雑菌が繁殖するために非常に臭い臭いになってしまうのです。

 

これを抑制するために、ヘルシーな食事を心がけるようにしています。

 

ワキの臭いに関しては、自分ではそれ程分からないので、他人に注意してもらう必要があります。

 

友人達と一緒にいるときには友人が注意してくれるのですが、会社の取引先などの場合には緊張してしまいます。

 

失礼なことをしていないつもりでも、近くに寄ってワキの臭さで迷惑をかけているかもしれないのです。

 

そんな事から、制汗剤を毎日使うことが基本ですが、特に特別な集まりがある時には、念入りにシャワーを浴びることにしています。

 

私達の体は緊張状態にあると汗腺が開いて、特別な汗が出てしまうのです。

 

これを抑えるのは難しく、出てしまった汗が臭くなってしまうので、汗をかいてると思った時にはタオルで拭いたり、シャツを着替えるなどをして対処をする必要があると思います。

気になるワキの臭いの原因と撃退方法

 

ワキの臭いが気になる方がかなり多いです。

 

ある調査によると、なんと日本人男性の9割以上が自分のワキの臭いに悩んでいるそうです。

 

では、このワキの臭いの原因はどこにあるのでしょうか。

 

よく、汗自体は臭いものと勘違いされがちですが、汗自体は無臭です。

 

汗が臭くなるのは、汗が菌が多く潜んでいる場所に出たときに、菌によって汗が臭いものに変えられてしまうからです。

 

ここでいう菌というのは、人体に生息している細菌の事です。

 

特にワキは風通しが非常に悪く、菌が繁殖しやすいので、ワキに汗が出たときに汗が臭いものに変えられて、ワキの臭いを感じてしまうのです。

 

ワキの臭いを撃退するには、臭いの原因となる菌を撃退すればよいのです。

 

そのため、特に暑い季節では、通気性の良い服を着るようにしましょう。

 

ワキの風通しを良くすれば、臭いの元となる菌が繁殖しにくく、ワキに汗が出にくくので、ワキの臭いが発生しにくくなります。

 

また、身体を常に清潔にしておくこともワキの臭い対策になります。

 

特に暑い時期は、朝と夜に必ずシャワーを浴びる、ワキの汗をこまめに拭くなどして、汗を長時間放置しないことを心掛けましょう。

 

汗と菌の両方を抑えることがワキの臭いを撃退する近道になります。