ワキガを治療する方法は?〜生活習慣による対処テクニック〜

ワキガは遺伝によってなるかならないかが決められており、ワキガになる事自体を拒否できません。

 

しかし、個人的な対処法でも臭いを抑えることは可能です。

 

こちらでは、生活習慣に注目して、ワキガ対策法をお教えします。

 

実際にワキガで悩んでいるけど手術を受けるのは怖い、と思っている方は必見ですよ。

 

 

■食生活を改善しよう

 

・動物性の成分を多く摂取すると臭いが強くなる

 

動物性の脂肪やタンパク質が臭いを増幅させてしまうことが分かっています。

 

なるべく動物性の食事から植物性の食事に切り替えてください。

 

タンパク質に関しても、肉類で取るのではなく、大豆製品などに切り替えるだけでも大きな効果が実際に期待できます。

 

 

・ワキガの原因である酸化を抑える成分も積極的に摂取すべき

 

酸化を抑える物質には、ビタミンAやビタミンEがあります。

 

それらの成分を食材から摂取するとすれば、緑黄色野菜がお勧めです。

 

また、食事で摂取するのが難しい場合には、サプリメントの力を頼っても構いません。

 

 

■ストレスを溜め込まない生活をすること

 

・ストレスが汗を呼び込んでしまう

 

緊張すると、手のひらに汗を多く書いてしまう方、ワキの下の多く汗を書いてしまう方も居ると思います。

 

ストレスにはそれだけ汗に対する作用があるのです。

 

ワキガは汗をかくことによって発生してしまいます。

 

匂いを抑える方法としては汗を抑えることが肝心なのです。

 

ストレスを抑えた生活をすることで、普段から汗をかきにくくなります。

 

積極的にストレス対策を実施しましょう。

 

ただ、ストレス解消については、人それぞれですよね。

 

運動が良い方もいれば、カラオケが良い方も居るのです。

 

自分にあったストレス解消法を見つけ出してください。

 

 

■脇毛をなるべく剃ること

 

・汗を蒸発しやすくする

 

脇の下に汗が留まってしまうことでその場に菌が発生して、汗を分解するときに強烈な匂いを発生させてしまうのです。

 

ワキ毛があると汗が留まりやすくなり、ワキガの臭いをきつくします。

 

定期的にワキ毛を剃るなどして対処しましょう。

 

男性は難しいかもしれませんが、短くするだけでもだいぶ通気性が良くなり、汗の蒸発が早くなるのでお勧めです。

 

 

■定期的な運動を行うこと

 

・運動不足は汗の中に不要な物質が入り込みやすくなる

 

運動不足は血行不良を招いてしまいます。

 

血の巡りが悪くなると、乳酸が生み出され、それが汗腺にアンモニアを分泌させてしまうのです。

 

アンモニアもワキガの臭い原因の一つなので、定期的に有酸素運動などを行って血行を良くすべきです。