ワキガを完治させるには外科的手術をうけることが必要

ワキガは対策用の石鹸やクリームがあります。

 

確かに効果はありますが完治させる事はできないので、利用し続けなければならないのです。

 

そこで注目して欲しいのが手術です。

 

美容クリニックではワキガを完治させる手術も行われているので、各手術法について詳しく解説します。

 

手術の特徴を知りたい方は必見ですよ。

 

 

■直視下手術法とは?

 

・確実にワキガを完治させる方法である

 

ワキの下を切開して、その皮膚を裏返しにしてワキガの原因の取り除きます。

 

アポクリン汗腺を目視で確認して1つずつ取り除くので、余程のことがなければワキガが再発するようなことはありません。

 

・デメリットも有る

 

ワキの下の手術としてはかなり大きなものなので、傷跡が残りやすいです。

 

男性であれば気にしないでしょうが、女性の場合はワキの下を露出しやすいので選びにくいかも知れまえん。

 

傷の大きさとしては、3センチから5センチ程度になります。

 

また、入院の必要まではありませんが、しばらくは行動に制約が出ます。

 

 

■非直視下手術法とは?

 

3つの方法があるので、それぞれについて簡単に手術の方法を解説します。

 

・皮下組織吸引法とは

 

ワキの下に小さい穴を開けて管を通します。

 

管は吸引器となっており、アポクリン汗腺だけでなくエクリン腺や皮脂腺も一緒に吸い取るのです。

 

管は小さいので、大きく切開する必要はありません。

 

傷跡に関してはほとんど気にしなくても良いのが大きなメリットです。

 

ただし、アポクリン汗腺の全摘は難しく、再発する可能性も考えられます。

 

・皮下組織削除法とは

 

剃刀の刃とローラーを組合わせたような器具で手術することになります。

 

カミソリによって、皮下組織ごと削り取り、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を取り除くのです。

 

傷口は小さいメリットも有りますが、患部が大きな損傷をしてしまう可能性もあり、ドクターの技術によっては危険性があるので注意しなければなりません。

 

・超音波吸引法とは

 

皮膚の皮下組織を吸引する方法になります。

 

超音波を発生させることで、熱を起こしアポクリン汗腺を破壊し、吸引してしまうのです。

 

ただ、確実性がある方法ではなく、全摘はしにくいといったデメリットも有ります。

 

熱によって、皮膚がやけどを負ってしまう可能性もありますよ。

 

 

■完治はしないが一定の効果がある方法

 

・ボトックス注射

 

汗を抑える機能のある注射です。

 

ただ、エクリン腺に主に働きかけることになるので、ワキガには限定的な効果がないとされています。

 

また効果の出る期間も一定期間となっているので、完治を求める場合にはお勧めできる対処法ではありません。