ワキガの有効的な治療法はあるのか?剪除法について

ワキガの有効な治療方法を知って、実際に治したいと考えている方もいます。

 

こちらでは、そんなワキガの有効な治療法である「剪除(せんじょ)法」について詳しく解説します。

 

どんな手術方法となっているのでしょうか。

 

また、なぜ剪除法が有効的な治療法とされているのでしょうか。詳しく解説します。

 

 

■剪除法の内容を徹底解説

 

・ワキの下を切開してアポクリン汗腺を確実に取り除く

 

ワキガを解決するには、アポクリン汗腺をしっかりと取ることです。

 

多くのわきが手術では、一部のアポクリン汗腺を取り除くことは出来ますが、いくつかのアポクリン汗腺は取り残してしまうのです。

 

その結果として、ワキガが感知しないこともあります。

 

剪除法は、ドクターが切った皮膚を反転して目で確かめながら一つ一つのアポクリン汗腺を対処していきます。

 

取り残しが起こる可能性は極めて低いので、より確実なワキガの手術法とされているのです。

 

・切開するので傷跡心配あり

 

切開した後については、以前と現在とでは少し違いが出てきています。手術後のリスクは低減してきているのです。

 

以前の剪除法による手術で切開していた大きさ・・・4センチから5センチ
現在の剪除法による手術で切開している大きさ・・・2センチから3センチ

 

クリニックによっては差がありますが、わきが手術をメインとして行っているクリニックであれば、より高度な手術を行ってくれるので手術後の心配はあまりしなくても済むようになりました。

 

・同時にエクリン腺を取り除くことも可能

 

剪除法によるアポクリン汗腺の除去ですが、エクリン腺の除去も同時に行ってくれるクリニックが多くあります。

 

エクリン腺も除去できれば、脇の下の汗を大きく減らすことが可能です。

 

脇汗が多い方には、非常にお勧めな手術の特徴が剪除法にはあるのです。

 

・脱毛効果も期待できる

 

剪除法によるわきが手術ですが、毛穴に対しても影響をあたえるので、一定の脱毛効果があります。

 

手術を受けたあとに、ワキの下の手入れが楽になった、そしている方は思ったよりも多いんですよ。

 

 

■ワキガ治療豆知識

 

・保険適用がある場合も

 

保健医療指定期間であれば、ワキガの手術であったとしても保険で診療が受けられます。

 

ワキガ手術は10万円くらいかかってしまうイメージが有るかもしれませんが、ある保険適用のクリニッにて30%の負担で済んだ場合には36,000円程度だったケースも有ります。

 

50,000円未満で剪除法といった根本的な治療を受けられるのは嬉しいですよね。