ワキの臭いが気になってしまうこと

私は通勤に電車を利用してるのですが、多くの人と接近してしまう電車の場合には、どうしてもワキの臭いが気になってしまいます。

 

自分のワキの臭いが周りの人に迷惑をかけているかが気になるのですが、それと同時に明らかに臭い人が近くにいる時があるのです。

 

体臭に関しては、自分では分からない事が多いといわれています。

 

なので、電車の中で感じるようなワキの臭いは、本人からすると分かっていない状態なのだと思います。

 

そんな状態になりたくないと自分で思うので、いつもワキ下のケアは欠かせないのです。

 

脇の下にはアポクリン腺という、汗腺が集中していて、水分と一緒に脂質も大量に分泌されるのです。

 

その結果、脂分に雑菌が繁殖し悪臭を放ちます。

 

これが分かっているので、雑菌が繁殖しないようにデオドラント剤をしっかりとつけるようにしています。

 

しかし、悪臭を抑えるだけのデオドラント剤では限界があります。

 

朝しっかりとつけたつもりでも、夜にはそれなりに臭うのです。

 

ワキガの人は、このアポクリン腺を減らす手術を受けるようですが、そこまでしないと臭いを抑えることは難しいと思います。

 

悪臭がする汗腺が顔の近くにあるというのは、非常に生活しにくいことだとつくづく思ってしまいます。

冬にも気をつけたいワキの臭い

 

夏の暑い時期に気になるのが汗。

 

そしてワキの臭いだと思います。

 

なので夏はワキの臭い対策をしている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実は冬の時期も要注意なのです。

 

暖房で暖かい部屋の中、セーターなどの服のせいで冬でも汗は出ているのです。

 

なので冬だからと油断せずにしっかりとワキの臭い対策をしてもらいたいと思います。

 

では、ワキの臭い対策とは何をすればいいのか?

 

それはとっても簡単です。

 

大抵のワキの臭いにはデオドラント剤を使用すると気にならなくなります。

 

スプレータイプよりもロールオンタイプの方が肌に密着するので長時間効果が期待できます。

 

それだけでは不安という方には食生活の改善をお勧めします。

 

以前、友人が韓国に長期出張に行っていた時がありました。

 

その友人、出張前は体臭など気にならなかったのですが、出張から帰って来たら…なんか臭う。

 

韓国でにんにくとお肉を大量に食べていた為に体臭が臭うようになっていたのです。

 

なので体臭、ワキの臭いを防ぐためには食生活の改善をお勧めします。

 

お肉などの脂っこいものを控えたり、にんにくなどの刺激物を食べるのを控えることで体臭予防になります。

 

そして運動をして気持ちのいい汗を出すことも大切です。

 

それらのことをすることで冬でもワキの臭いが気にならなくなると思います。

 

ぜひ、試してみて下さい!