こっそりやりたいワキガ対策!その方法とは?

ワキガだとバレないために、ワキガ対策をしている方も多いです。

 

しかしそのワキガ対策自体がバレてしまうのも、できれば避けたいと思うものなのではないでしょうか。

 

基本的にワキガのにおいを抑えることができていれば、その対策を頑張っていたとしてもバレることはないはずですが、ワキガ対策に効果的なデオドラントの容器が見つかると、それによって対策をしていることがバレてしまうかもしれません。

 

ワキガ用やワキガ対策に使われることで有名なデオドラントでなければ、単なるエチケットとして使っているのだなと判断されるかもしれませんが、そうでないとなるとその容器からワキガ対策がバレてしまう可能性があります。

 

バレてもどうってことないと思うことが本来は理想的なのかもしれませんが、ワキガ対策をバレたくないと思う気持ちを無理に抑える必要はないでしょう。

 

デオドラントに関しては、人前で塗り直すということがないですから、そもそもその容器が見つかってしまう可能性はそこまで高くはありません。

 

ワキガ対策がバレたらどうしようと不安に思ってばかりいるのは精神面でもよくないので、それをあまり気にせずにいることも大切です。

 

またワキガの場合は、汗をかいたら出来る限り早めにその汗を拭きとるようにすることも大切になります。

 

乾いたタオルで拭うよりは、ウエットティッシュなどで拭ったほうが汗をより拭き取りやすくなるでしょう。

 

このほかにも、ワキガ対策としては汗吸収パットの使用がおすすめです。

 

黄色っぽい汗染みによってワキガが知られることもありますし、こまめに脇の下の汗を拭き取るというのはなかなか難しい部分かありますから、汗吸収パットを使って脇汗対策をしてみましょう。

 

脇汗対策については、ワキガでない方でも行っていることが多いですから、汗吸収パットをつけているのが服の上から透けて見えたとしても恥ずかしがる必要はありません。

 

またワキガ対策としては「ミョウバン」が非常に有名です。

 

食品添加物の一種であるミョウバンには消臭効果があり、消臭剤としてのルーツは古代ローマ帝国時代にまでさかのぼるとされます。

 

脇の下をアルカリ性から酸性へと変化させられるミョウバンによって、効果的なワキガ対策をすることが可能です。

 

脇の下が酸性になれば、そこには細菌が繁殖しにくくなりますから、においが出にくくなるという効果が期待できます。

 

ミョウバンを使ったミョウバン水をスプレーボトルに入れれば、たちまちお手製デオドラントスプレーが完成します。