陰部から鉛筆の芯のニオイ?それってすそワキガかも…

ワキガには様々な種類があることをご存じでしょうか?

 

世間一般的に“ワキガの人”と言われるのは脇の下のニオイが強い人のことを指しますが、ワキガは脇の下だけの症状ではないのです。

 

ワキガには「すそワキガ」という種類があります。

 

普通のワキガと違い、一般的に浸透していない種類のワキガなので今まで耳にしたことが無いという人もいるかもしれません。

 

ここでは、すそワキガについてご説明します。

 

すそワキガとは、陰部のワキガのことを指します。

 

私たち人間の身体にはエクリン腺とアポクリン腺という汗腺があるのですが、エクリン腺は全身にあるのに対し、アポクリン腺は乳首や脇の下、陰部にしかありません。

 

ワキガの人の場合、このアポクリン腺から排出される汗に独特なニオイがついているのです。

 

すそワキガは、基本的に脇の下のワキガと同じニオイがしますが、脇の下よりも陰部は蒸れやすく、常に清潔を保つことができない場所である為、脇の下以上のニオイを感じてしまいます。

 

すそワキガのニオイとしてよく例えられるのは、鉛筆の芯のニオイや玉ねぎのニオイなどです。

 

女性の場合であれば、おりものなどのニオイとすそワキガのニオイが混じり合い、チーズや魚のニオイなどに例えられることもあります。

 

すそワキガは脇の下のワキガよりもデリケートな問題なので、人に指摘されるということがなかなかありません。

 

もしも自分で「私(俺)はすそワキガかもしれない…」と不安になったら、1日着用した下着のニオイを確認してみると良いでしょう。

 

下着からワキガのようなニオイがした場合には、すそワキガである可能性があります。

 

すそワキガだった場合、脇の下のワキガ同様、美容クリニックでの手術などの様々な治療法がありますが、そこまでニオイが強くない場合はデリケートゾーン専用の石鹸やケアクリームを使用することをオススメします。

 

クリニックでのすそワキガ治療は一度の手術で済むところが多いですが、料金的には少し割高です。

 

まず最初はデリケートゾーン専用の石鹸やケアクリームなどを使用してみて様子をみるようにしてください。

 

デリケートゾーン専用の石鹸を使う際、女性の場合には一点注意があります。

 

女性の膣内には自浄作用のある菌が常にいます。

 

この菌のおかげで、病気にかからずに膣内を清潔に保っています。

 

しかし、この菌は石鹸で過剰に洗いすぎることにより体外に排出されてしまいます。

 

デリケートゾーンを石鹸で洗う際は陰部の外側を中心に洗うようにし、膣内まで洗ってしまわないように気をつけてください。

 

洗いすぎることもすそワキガの原因となる場合もあります。

 

デリケートな部分だからこそ、優しく扱うようにしましょう。