ワキガは遺伝する…?遺伝してしまったワキガの対処法

優性遺伝の1つであるワキガは、高い確率で親から子どもへと遺伝してしまいます。

 

遺伝によりなってしまったワキガを止めることはできません。

 

家族でワキガのアドバイスをし合い、ワキガの症状を抑えていくようにしましょう。

 

 

■ワキガは遺伝要素の強い優性遺伝

 

ワキガは、脇にある“アポクリン腺”という汗腺が多いことが原因とされています。

 

アポクリン腺の数は人によって異なり、その数は親からの遺伝で決まります。

 

つまり、ワキガは遺伝をするもの、ということになるのです。

 

ワキガが遺伝する確率は大変高く、両親がワキガだった場合には、80%の確率で子どももワキガになってしまいます。

 

ワキガが片親だった場合も、50%の確率で遺伝をしてしまうそうです。

 

なぜここままでも高い確率でワキガが遺伝してしまうのか、それはワキガが優性遺伝だからです。

 

“遺伝”には優性遺伝と劣性遺伝の2種類があります。

 

優性、劣性と表記する為に優れた遺伝子と劣った遺伝子と勘違いする方も多いですが、そういう訳ではありません。

 

優性遺伝は遺伝要素の強い遺伝子で、劣性遺伝は遺伝要素の弱い遺伝子のことを表すのです。

 

ワキガは優性遺伝ですので、強く遺伝されます。

 

ですので、親がワキガだった場合は高い確率で子どもにもワキガが遺伝してしまいます。

 

 

■ワキガの遺伝を止めることはできない

 

しかし、子どもに遺伝したワキガは幼いうちにはわかりません。

 

ワキガの原因であるアポクリン腺は小学校高学年〜中学生くらいの第二次成長期の頃に成長し始め、活発に働き出します。

 

多感な思春期に入った頃にワキガになってしまうのです。

 

幼いうちに何らかの対処をすればワキガを止めることができるのでは?と考える方も多いでしょう。

 

しかし、遺伝してしまったアポクリン腺の数を減らすことはできません。

 

アポクリン腺の数は生まれつき決まったものですので、後々変化するということは無いのです。

 

つまり、ワキガの遺伝を止めることはできない、ということになってしまいます。

 

 

■家族でワキガのサポートをし合うことが大事

 

ワキガの遺伝を止めることはできなくとも、ニオイの対策をとることはできます。

 

親からワキガが遺伝しまった方や、子どもにワキガが遺伝してしまった方は、ワキガならではの悩みや不安を親や子どもと相談し合い、対処していくことが大切です。

 

ワキガには、ニオイを抑える方法や衣服の黄ばみを抑える方法などさまざまな対処法があります。

 

ワキガになってしまったことや子どもにワキガを遺伝させてしまったことを悩むだけではなく、どうすればワキガの症状を抑えることができるのかを探していくことが大事です。

 

ワキガに関する対処法を学び、家族でニオイ対策をしてくようにしましょう。

 

家族でお互いのサポートをすることで、ワキガの悩みを軽減することができます。

 

ワキガに悩んでいる方は、まずは家族に相談してみてください。