自分に合った治療法を見つけ、ワキガを完治させる!

ワキガは体質ですので、放置していても治すことはできません。

 

しかし、正しい治療法を行うことにより、完全にワキガの症状を出ないようにすることは可能です。

 

正しい治療法を用いて、ワキガを治しましょう。

 

 

■アポクリン腺を取り除いてワキガを治す

 

ワキガには、薬を塗る治療法やレーザーをあてる治療法、ボトックスを打つ治療法や汗腺を取り除く治療法など、さまざまな治療法があります。

 

治療法はたくさんあるけれど、ワキガを完全に治すことはできるのかと疑問に思う方も多いでしょう。

 

ワキガは病気ではなく体質ですので、自然に治すということはまずできません。

 

しかし、正しい治療法を行うことにより、ワキガを完全に治すことは可能です。

 

ワキガを完全に治すには、ワキガの元となるアポクリン腺を取り除く必要があります。

 

アポクリン腺を取り除くには、脇の下を切る手術をしなければいけません。

 

手術をするとなると身構えてしまいますが、ワキガの手術は大変簡単なものですので、入院する必要もなく日帰りで行うことができます。

 

 

■手術をせずとも治るケースもある

 

しかし、手術を行えばワキガを完全に治すことができるとわかっていても、皮膚を傷つけ中にある組織を取り出すということになりますので、手術の怖さや後々のリスクを考え、思いとどまってしまう方も多いはずです。

 

そういった方は、まず始めに塗り薬の治療や食事による治療から始めてみてください。

 

軽度なワキガの方の場合、塩化アルミニウム液が含まれたクリームを塗ったり、肉中心の食生活から野菜中心の食生活にしたりすることで、ワキガの症状を大幅に抑えることができます。

 

また、レーザー治療やボトックスを打つ治療をすれば、永久的に治すことはできなくとも数ヶ月〜数年の間はワキガの症状を抑えることが可能です。

 

ワキガにはさまざまな治療法がありますので、すぐに手術をすることが怖いという方は、これらの治療法を先に試してみるのも1つの方法です。

 

食生活の改善とレーザー治療などの合わせ技をしてみることにより、手術を行わずともほぼワキガを完治させられる可能性もあります。

 

 

■ワキガの手術はクリニック選びが重要!

 

さまざまな治療法を試してみた結果、ワキガに改善が見られなかった場合は最後の砦としてアポクリン腺の除去手術を行いましょう。

 

アポクリン腺の除去手術は日帰りでできる簡単な手術ですが、手術をする前のクリニック選びが大変重要になります。

 

技術力のある先生ならば完全にワキガを治してくれますが、あまり技術力の無い先生だった場合、アポクリン腺が脇に残ってしまう可能性があります。

 

アポクリン腺が脇に残ってしまうと、せっかく手術を行ったのにも関わらずワキガが再発してしまうことがあるそうです。

 

ワキガを完治させる為に手術を受けようと思った際には、クリニック選びを慎重に行うようにしてください。