なぜワキガになるの?ワキガの原因を知って治療しよう!

ワキガになるにはさまざまな原因があります。

 

ワキガ治療を行う際には自分はどのような原因にワキガになってしまったのかを知り、原因に合った治療法を行うようにしましょう。

 

 

■ワキガになる6つの原因

 

ワキガになるには、大きく分けて6つの原因があります。

 

まず一つ目の原因は、遺伝です。

 

親や親戚にワキガの人がいる場合、高い確率でワキガが遺伝します。

 

二つ目の原因は、多汗症です。

 

多汗症の人の場合、通常の人よりも汗の排出量が多くなります。

 

基本的にはエクリン汗腺と言われる汗腺から汗が放出される為、ニオイを発することはありませんが、エクリン汗腺だけでは放出しきれない汗がアポクリン汗腺から放出されることにより、嫌なニオイが発生します。

 

三つ目の原因は、食生活です。

 

近年の日本では、食生活の欧米化が進み、動物性タンパク質や脂肪をよく食べるようになりました。

 

そのような物質はアポクリン汗腺を刺激し、ニオイの強い汗を放出させます。

 

四つ目の原因は、肥満です。

 

「肥満体型の方はワキガです。」と一概に言える訳ではありませんが、肥満体型の人は体内に脂肪分がたくさんあります。

 

アポクリン汗腺から排出される汗は、タンパク質や脂質などが含まれていることでニオイを発するので、脂肪分を多く蓄えている人は必然的にアポクリン腺からの汗の排出が多くなってしまいます。

 

五つ目の原因は、ストレスです。

 

ストレスを感じた時、ジトっとするような汗をかいたことがある人も多いでしょう。

 

あのジトっとした汗はアポクリン腺から排出される、ニオイのキツイ汗だと言われています。

 

ストレスを感じやすい人や常日頃からたくさんのストレスを感じている人は、ジトっとした汗をかきやすいです。

 

六つ目の原因は、ホルモンバランスの乱れです。

 

女性の場合、初潮や月経、妊娠や出産などでホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

ホルモンバランスが乱れると、アポクリン汗腺の動きが活発になりワキガになってしまうことがあるそうです。

 

 

■ワキガになった原因を探り、ピッタリな治療法を見つけよう!

 

ワキガになる原因は、人によって違います。

 

遺伝により生まれつきワキガの人もいれば、ホルモンバランスの乱れやストレスによって急にワキガになってしまう人もいます。

 

ワキガにはさまざまな治療法がありますが、自分がワキガになってしまった原因を探らなければどの治療法が一番適した治療法かわかりません。

 

ワキガの治療を行う際には、まず最初に自分がワキガになった原因を探ってみましょう。

 

原因を探ることで、自分にピッタリなワキガの治療法を見つけることができます。