ワキガで毎日が不安・・・ワキガって人に感染したりする?

ワキガの人は自分では気がついていないことが多いです。

 

その為、他の人に指摘をされ、なんとなく嫌な気持ちになります。

 

ワキガの人の多くは、自分が何かの病気なのではと不安に感じているかもしれません。

 

ワキガになってしまう原因や解消方法を紹介します。

 

 

■ワキガの人は何かの病気なのか?

 

・周りの人にうつる心配はない

 

ワキガの人が近くにいると、鼻にツーンをする臭いが漂います。

 

人生の中でワキガの人に出会ったことが一回はあるはずです。

 

特に夏場は、露出する部分が多くなってしまう為、脇の下に汗がたまりやすくなってしまいます。

 

これによって、最近が多くなってしまい、更に強烈な臭いになってしまいます。

 

ワキガになる人は病気だと思っている人もいますが、決してワキガは病気ではありません。

 

ワキガになってしまうのは、体質の問題で脇の下にあるアポクリン腺がたくさんある人がワキガ傾向にあります。

 

こうした体質の問題は空気感染することはありませんので、ワキガの人が近くにいても感染することはありません。

 

 

・ワキガ体質なのかをチェックしよう

 

いつも香水をつけているのであまり自分の臭いというのがわからない場合が多いです。

 

ですから、自分かワキガだということを認識している人が少ないのが現状となっています。

 

ワキガか、そうでないかを事前にチェックしておくことが大切です。

 

一般的には、耳垢がしっとりしている人、両親がワキガの人、脇の下が黄色くなっている人はワキガの可能性が高いと言われています。

 

 

■ワキガの臭いは対策をすることで軽減できる

 

・簡単な対策方法でワキガを解消しよう

 

ワキガは、病院で治療することで改善できますがお金がかかってしまいます。

 

少しでも、簡単にできるワキガ対策はやはり清潔感を保つということです。

 

そもそもワキガの原因は、アポクリン腺が多いということですので、汗を書く事で臭いへと繋がってしまいます。

 

改善をするには汗をかいたらシャワーやタオルで拭いてあげることが大切です。

 

朝お風呂に入るという方法も、臭い対策に効果的です。

 

 

・制汗スプレーで臭いを軽減させよう

 

汗の処理を頻繁にすることができないという場合には、制汗スプレーの利用で解消することができます。

 

スプレーを使うだけで、汗が出る量が変わってきます。

 

他にも、シャツの着替えを常に持っていることも大切です。

 

汗をかいたと思った時に、交換することで清潔な状態を保つことができます。

 

ワキガ対策は自分でも行うことができますので、できることからスタートしてみましょう。