臭う脇汗と臭わない脇汗の違いって何なの?

脇の下に汗をかきやすい人は多く居ます。

 

しかし、不思議なことに汗の量が多いのに臭わない人もいますよね。

 

ワキ汗をかいてもほとんど臭わない人と臭う人の違いは何なのでしょうか。

 

詳しく調べてみました。

 

 

■汗の出ている汗腺の違いあり!

 

・アポクリン汗腺
・エクリン汗腺

 

我々の汗腺には上記の二つがあります。

 

実は、どちらの汗腺から分泌された汗であるかで、臭いが強くなったり、ほとんど臭いが無かったり、といった状況が生まれてしまうのです。

 

ワキの下に大量の汗をかいてしまう人であったとしても、エクリン汗腺の汗であった場合には強い臭いはありません。

 

簡単に言ってしまえば、ワキガの臭いはしないのです。

 

一方で、脇の下の汗がアポクリン汗腺から排出されたものであると、ワキガの臭いを発生させてしまいます。

 

要は、

 

・臭うワキ汗・・・アポクリン汗腺から出た汗
・臭わないワキ汗・・・エクリン汗腺から出た汗

 

といった違いがあるわけです。

 

 

■なぜ汗が出る汗腺が異なると臭いにも違いが出てくるの?

 

・汗腺によって汗に含まれている物質が異なる

 

臭わない汗であるエクリン汗腺から出る汗は、水分が大量に含まれています。

 

ほかの物質がほとんど混じっていません。

 

単なる水と思ってもらっても構いません。

 

もちろんそんなあせも菌が分解することになるのですが、不純物が混じっていない水を分解することになるので、嫌な臭いが出てくることはありません。

 

一方で、臭う汗であるアポクリン汗腺ですが、水分の量が少なめでその代わりに様々な成分を含んでいます。

 

脂質やタンパク質といったものを含んでおり、ドロドロとした汗なのです。

 

その汗を菌が分解すると、不純物が多く含まれているので強い臭いを発生させてしまいます。

 

このように汗腺から出る汗によって、菌に分解される時に発せられる臭いが違う、といった状況が生まれるわけです。

 

これが同じワキ汗でも臭う人と臭わない人がいる理由になります。

 

アポクリン汗腺が多い人は、いわゆるワキガ体質となります。

 

自分では気づきにくいので、注意して下さいね。

 

アポクリン汗腺多さは遺伝によって変わってきます。

 

自分の力ではコントロール出来ないものなので、ケアアイテムを利用したり、手術をして対処したり他ありません。

 

最初は、ワキガ対策クリームなどの利用がおすすめです。

 

副作用もないので安心して利用できます。

 

価格としても、それほど高くはありません。