ワキの臭いとその対策について

自分のワキの臭いが何とも微妙な気がしました。

 

そこでワキに手を当てた後に臭いを嗅いでみると、表現し辛い臭いだったのです。

 

もし表現するとすれば、酸っぱいような臭いです。

 

しかし汗を掻いた時のような臭いとはまた違う気がしました。

 

またその原因が何なのか分からず困ってしまったのです。

 

それでもこの臭いを周囲に感知されてしまうことは、大変恥ずかしいことです。

 

例えば通勤時に利用する電車は、通勤ラッシュの時間帯ということで、他の乗客との距離がどうしても近くなってしまいます。

 

そう考えると何だか怖くなりました。

 

ですからワキの臭い対策を考えてみました。

 

まず思いついたのが体を清潔に保つことです。

 

つまりしっかりと洗うことです。これまでの私は、就寝前に入浴するという形でした。

 

しかし自分の臭いに気づいてからは、出勤前にも入浴するようになりました。

 

たったこれだけの行動ですが、臭いは結構和らぐような気がしています。

 

後は制汗スプレーを定期的に使用しています。

 

特に暑い季節になるとどうしても汗を掻いてしまいます。

 

そうなると酸っぱい臭いがより強くなりそうな気がするため、休憩時間やトイレに行く時間を見つけては制汗スプレーを使用するようにしています。

ワキの臭いはこまめな対策が必要

 

男女関わらずワキの臭いは気になるものですよね。

 

夏場は勿論の事、普段から汗のかきやすい体質の人や、汗をかくスポーツや動きをしなければならない人にとっては1年中気になる事だと思います。

 

ワキの臭いは自分以上に周囲の人に気付かれてしまいやすいのも気になる理由ですよね。

 

自分では臭っていないと思っていても、実は臭いと思われていたなんて考えるだけで恐ろしい事です。

 

そんなワキの臭いの対策には様々の商品が販売されていますが、基本的には商品を使うだけでなくこまめに対策が出来るかどうかが大切なのです。

 

ワキの臭いの元にもなる汗は、かいたらすぐに拭くという事がまず大切です。

 

最近ではワキ汗を拭く為のシート等も販売されているので、いつも持ち歩きこまめに拭くように心掛けましょう。

 

大量の汗をかいた場合にはシャワーを浴びるのが一番ですが、無理な場合は、濡れたタオルで身体を拭いてからシートで再び拭くようにしましょう。

 

肌着やTシャツはしっかりと着替える事が臭いを残さない大切なポイントです。

 

ワキ汗用のスプレーやロール状の塗るタイプの物も、こまめにする事で効果を持続する事が出来ます。

 

ワキ汗の臭いが気になってしまうのは、こまめに気を使う事が出来ていない事が原因の場合が多いので、常に気にかけておくという事も大切な事なのです。