心配!ワキガの手術が失敗したらどうなるの?

ワキガの根本的な治療方法として、ワキガ手術があります。

 

いくつかの方法がありますが、アポクリン汗腺を取り除く、といった手法があります。

 

アポクリン汗腺がなくなるので、ワキガを確実に抑制できる方法なのです。

 

しかし、ワキガ手術は絶対に成功するものではありません。

 

失敗してしまう可能性も秘めているのです。

 

こちらではワキガ手術が失敗するとどんな状況になってしまうのか、といったことをお話します。

 

手術を受けよう、と思っている人は必見です。

 

 

■ワキの下に手術痕が残ってしまう可能性あり

 

・わきが手術したことがバレてしまう

 

メスを入れてワキガを手術する方法も有るので、跡が残ってしまうことがあります。

 

ワキの下の手術の跡が残ってしまうと、過去にワキガであったことが知られてしまうことになります。

 

男性の場合は、ワキ毛などで隠せるのですが、女性の場合はそうもいきません。

 

大きな容姿的マイナスになってしまう可能性もあるのです。

 

しかし、手術跡のリスクは、極めて少ないです。

 

ワキの下のシワにそって切開するケースが多くなっており、手術跡は残りにくいように工夫されています。

 

 

■アポクリン汗腺の全てを取り除けなかった!

 

・臭いが出続ける可能性あり

 

手術では、アポクリン汗腺に対して処置を行います。

 

しかし手術の中には、ドクターが目視でアポクリン汗腺を取り除くわけではないタイプの手術法があるのです。

 

その場合は、すべてのアポクリン汗腺を除去できません。

 

どうしてもいくつか残ってしまうのです。

 

いくつかのアポクリン汗腺が集住して残ってしまうと、せっかく手術したのにまたワキの下から臭いがし始めてしまうのです。

 

ワキガ手術の結果としては、かなりダメージの大きいことになるので、技術力のある医師がいる医療機関を選択する必要があります。

 

 

■再手術を受ける方法もあるが・・・

 

・わきが手術は複数回受けられる

 

体に大きなダメージがあるものではないので、傷跡などが気にならないのであれば、複数回の手術を受ける方法もあります。

 

わきが手術が失敗した場合には、再度の手術を計画するわけです。

 

ただし、両脇で20万円から30万円かかってしまうケースも有ります。

 

高額な出費となってしまいかねないので、その点は理解した上で再手術を行うか考えましょう。

 

ワキガ手術には実際にリスクが伴うわけです。

 

まずはワキガクリームを試してみましょう。

 

その結果が良くないとなった段階で手術を受ける、といったことを考えるべきです。